北方謙三の本

私がハードボイルド作品を好んで読んでいた頃、著者の現代小説を初めて読んだ。僅か数作だったが、文体や登場人物の印象は、歴史小説「草莽枯れ行く」を読むまで心の中に残り続けていた。果たして、歴史小説の中でも登場人物たちには同じ特徴が見られたのだった。以来、北方謙三のイメージが決定的となった。また、これまでなかなか読む気になれなかった南北朝時代の小説だが、「武王の門」を始めとする一連の作品を読むことで、少し世界が広がった。

下記作品の感想を書いています。

北方謙三