隆慶一郎の本

「人間が何よりも素晴らしい— 隆慶一郎作品の根底にあるものは、現代文学が幾分かの含羞をこめて放逐してしまったもの、すなわち、人が人であることを高らかに謳い上げること、人間讃歌にほかならない。そして、これを謳い上げるために、最新のアカデミズムとストーリテリングの冴えを武器に、歴史の組み替えすらも要求するという、果敢なまでの小説作法が圧倒的な興奮と感動を呼ぶのである。
隆慶一郎こそ、時代小説界に忽然として現われ、一閃の光芒を放って逝ってしまった稀代の ”いくさ人” だったといっていい。」

時代小説の読みどころ」 縄田一男 (日本経済新聞社)より

隆慶一郎

まとめて読むならこれ!

oragealwamazonブックストア 隆慶一郎全集〈第1巻〉
収録作品:吉原御免状、かくれさと苦界行、慶安御前試合、柳枝の剣、ぼうふらの剣、柳生の鬼、跛行の剣、逆風の太刀、柳生刺客状、張りの吉原

oragealwamazonブックストア 隆慶一郎全集〈第2巻〉
収録作品:一夢庵風流記、鬼麿斬人剣、風の呪殺陣

oragealwamazonブックストア 隆慶一郎全集 (第3巻)
収録作品:影武者徳川家康

oragealwamazonブックストア  隆慶一郎全集〈第4巻〉
収録作品:捨て童子・松平忠輝、駆込寺蔭始末

oragealwamazonブックストア 隆慶一郎全集〈第5巻〉
収録作品:花と火の帝、かぶいて候、銚子湊慕情、吉野悲傷、夜叉神の翁、心の一方、死出の雪、狼の眼、異説 猿ケ辻の変

oragealwamazonブックストア 隆慶一郎全集〈第6巻〉
収録作品:死ぬことと見つけたり、見知らぬ海へ、エッセイ時代小説の愉しみ他、評論ポール・ヴァレリイに関するノート、シナリオにあんちゃん、年譜 隆慶一郎とその世界

oragealwamazonブックストア 隆慶一郎 短篇全集
収録作品:柳生刺客状、慶安御前試合、柳枝の剣、ぼうふらの剣、柳生の鬼、跛行の剣、逆風の太刀、心の一方、張りの吉原、狼の眼、畜生仲・うめ女、幼な妻・おくに、子連れ女・おるい、欠け落ち者・おかね、異説猿ヶ辻の変、死出の雪